喇叭吹奏道竹浦塾のコミュニティがあります!

喇叭吹奏道竹浦塾 Taijiro Tkakeura Brass Studio

(らっぱすいそうどうたけうらじゅく)

トランペット(金管)の演奏は、追求すればするほど奥が深い。
初級者はもちろん、たとえ超一流のプロフェッショナルであっても
そこからさらに上のレヴェルを目指すことができるはずで、
いつ辿り着くのかわからない頂上(ゴール)に向かって常に突き進んでいる
といっても過言ではない。

Striving for the ultimate in trumpet (and brass) performance is a seemingly endless pursuit.
For amateurs and top-tier professionals alike, there is always one higher level that they
can aspire to. It would be no exaggeration to say that we trumpet players are
constantly struggling, step by step, towards a goal that is nowhere in sight.



喇叭吹奏道竹浦塾では、
私のレッスンを通して
初心者、初級者、中級者、上級者、プロフェッショナルなど、
どのレヴェルからスタートしてもさらに進歩・向上ができ、
また各々のプレイヤーが自身の方向性を指し示すことができるようになる
そんな機会を提供している。

Here at Taijiro Takeura Brass Studio, I provide instruction to advance and improve,
regardless of the player's current level-- whether they are complete novices,
beginner/intermediate/advanced amateurs, or professionals-- and also provide
well-grounded advice so that the student can plan ahead for their future.


私自身さらに上のレヴェルを目指し続けている一人のトランペット奏者として
私がレッスンをする生徒一人一人のレヴェルの目線に立ち
共に技術と音楽性の向上を目指し
またその苦楽を分かち合いたいと思っている。

I am a trumpet player myself, always striving to raise myself to the next level.
I can therefore see things from the same perspective as my students,
and hope to share with my students the agony and the joy of struggling
towards better technique and better musical ability.


そうした思いから
私は、あえてレッスンをおこなう場所を“道場”、生徒のことを“道場生
と呼んでいる。

It is for this reason that I call my lesson studio a "dojo"
(a term usually reserved for the martial arts).


ひとたび“道場”に立ち入れば、
教える側も教えられる側も互いに全力を尽くし、
共に学び、競い、しのぎを削っていく。
それによって、一歩一歩上達していくことが出来る。
私は、“道場”をそのような場所にしていきたいと願っている。

Once within the dojo, both the teacher and the student will do their absolute best;
they learn together, they compete against each other, and they hone their
skills together. In this way both the teacher and the student improve themselves,
step by step
-- that is the kind of dojo that I want my studio to be.


レッスンという形式の都合上、私は教える側の立場にいるのだが、
べつに偉いわけでもないし、演奏家として完成しているわけでもないことは充分に承知している。

Because the dojo sessions are structured as lessons, I am nominally the teacher.
That does not mean I demand respect, nor does it mean I consider myself
an accomplished and complete player.


******

単にレヴェルの高い者がレヴェルの低い者に教えたり授けたりするという一方通行の認識では
本当の意味での上達というものを目指すことが出来ないように思う。

I believe it is impossible to truly improve if one thinks of lessons as a one-way affair,
where someone with superior skills simply passes on knowledge to another whose skills are inferior.


一般的に“○○奏法”や“××奏法”と呼ばれ世間の注目を集めているような奏法は、
たとえば軽業的テクニックや薄っぺらで安っぽい破壊力などを強調しすぎているように見受けられる。
これらは必要に応じて実際の演奏でこそ発揮されるべき技能で、
レッスンや公開クリニックを通して、今現在発達途上でレヴェルの向上を目指している者に
いたずらに示されるべきではないように思う。

There are various trumpet "methods" and "systems" that have captured widespread attention.
It is my impression that these place too much emphasis on acrobatic techniques, or on cheap
"raw power". Technique and power are part of a trumpet player's arsenal that should be used when needed,
not something that should be paraded around and waved in front of a player's nose at lessons and
public clinics, when that player is still in their developing stages.


一般的によく見られる光景であるが・・・
レヴェルの低い初級者に対し、
圧倒的(威圧的)なデモンストレーションを見せ付けようとする上級者では
イジメも同然である。
真の意味における上級者とは、初級者を自分と同じ高さのレヴェルまで
惜しげもなく引き上げてやろうとすることが出来る器の持ち主のこと
をいうのではないかと思う。(私は、そうなりたい!)
逆に初級者は、それによって自分よりレヴェルの高い者を目指して練習することで
自分自身の技術や音楽性をより進歩させることが出来るのである。

I often see advanced players demonstrating their skills to beginners with the obvious intent to
awe them into submission. This, to me, is the behavior of a bully. A truly advanced player is
one who is willing to lend a hand to that beginner, to help them advance to the same level.
(I certainly would like to be such a person!) The beginner can then have someone more skilled than they are
that they can aspire to, and this will enable them to advance their skills and musical abilities.


より向上心のあるトランペット(金管)奏者ならば、
いつでも自分よりレヴェルの高い者がいるということに気付かなければならないと思う。
それは自分よりレヴェルの低い者たちへの寛大さを持つことにも通じ、
また目標とされる存在になれるということにも通じていると思う。

Trumpet (or other brass) players who aspire to improve their skills need to realize that there are always
players more advanced than themselves. This realization will allow one to be more generous to lesser-skilled
players, and therefore allow them to gain their respect and admiration.


******

道場生の中には、現在プロフェッショナルとして活躍中のプレイヤーも多数在籍しているが、
彼らはこのような趣旨に理解・賛同し、わだかまりなく私のレッスンに通ってくれている
のだと信じている。

Many of my dojo students are currently playing trumpet professionally. I am sure
they have understood and agree with this policy of our dojo.


現在、世の中にはトランペット(金管)の奏法に関してありとあらゆる情報が氾濫している。
それぞれの奏法の違いや類似点を研究したり、それらについて論じたりすることも
たいへん結構なことだとは思うが、
よりレヴェルの向上を目指している者にとって、
今求められているのは、
それらを合理的に分析し、それらのムリムダを省き
人間の身体の自然の法則にしたがって実践していくこと
できるようになることではないかと思う。

There is a wealth (perhaps too much) of information out there regarding trumpet
(and brass, in general) playing. It is certainly not a bad thing to study and discuss
their differences or similarities. For players aspiring to improve themselves, however,
the important thing is to rationally analyze those various methods,
identify those areas where the methods places undue demands on the human body,
adapt the method, and practice. That is how you become a better player.


喇叭吹奏道竹浦塾は、そのような実践の場(道場)を提供している。

Taijiro Takeura Brass Studio is the place where you can do all this.


只今、各道場で新規道場生(生徒)募集中!!

プロ、アマ、初心者などレヴェルに関わらず
興味を持たれた方は、是非一度下記の道場の門を叩いてみていただきたい!

大阪本部道場■
(有限会社ビーフラットミュージック内)
TEL.06-6649-1715
Eメール:studio@rappa.co.jp

■東京新大久保道場■
(山野楽器ウインド・クルー/3F管楽器教室内)
TEL.(03)3366-1087
Eメール:windcrew@yamano-music.com

■鳥取倉吉道場■
(事務局:佐々木希望)
携帯Eメール:mss-3620@ezweb.ne.jp
Eメール:ng.h@nifty.com

■静岡浜松道場■
(事務局:山下敬吾)
Eメール:trumpet_keigo@yahoo.co.jp

トップページへ戻る